• ホーム
  • 基金について
  • 海外医療情報
  • お勧めリンク集
  • よくある質問

ホーム > 海外医療情報 > 海外医療(機関紙) > 日光に当たると良くなる病気、悪くなる病気

会員用ページ
線
ログイン

「海外生活と皮膚の健康」

日光に当たると良くなる病気、悪くなる病気

順天堂大学医学部皮膚科 光石 幸市

■はじめに

 そもそも、地上に暮らす生物にとって、太陽のない生活はありえません。我々にとって太陽光線は、食物連鎖の出発点である植物の光合成や骨を作るのに必要なビタミンD3の合成から、地球環境にやさしい未来のエネルギー源に到るまで、あらゆる方面で恩恵を与えてくれています。一方、最近の光生物学の進歩がこれらのメリットとともに発癌性や光老化に代表されるデメリットといえる面も明らかにしてきました。要は太陽光線と上手につきあう時代に入っているといえそうです。
 人の体で、日光があたる部位はいうまでもなく体表面、すなわち皮膚です。皮膚は日光を浴びることで様々に影響を受けて変化します。従って皮膚病を持っている人のなかには、太陽が吉である場合とそうでない場合があります。また、薬を内服していたり、化学物質にさらされる機会のある人のなかには、日光を浴びると皮膚炎を起こす人もいます。そのほか体質的に日光に対して過敏な人もいます。ここでは、海外に赴任されるにあたり、太陽光線の中でも特に紫外線が皮膚病に与える影響について説明していきます。

■日光、特に紫外線について

日光は波長により、長い方から赤外線、可視光線、紫外線に大別されます。このうち最も皮膚に影響を与えるのは一番短い波長の紫外線です。強い直射日光に当たってしばらくすると皮膚が赤くなってヒリヒリする、さらに時間がたつと黒くなる、といった変化はほとんどが紫外線によるものです。さらに紫外線も長い順に長波長紫外線(UVA)、中波長紫外線(UVB)、短波長紫外線(UVC)に分けられます。UVAは皮膚の深い部分まで到達し、皮膚を赤くする効果よりも主に黒くする役割を果たしています(サンタン効果)。一方、UVBは皮膚の比較的浅いところまでしか届きませんが、赤くヒリヒリと炎症を起こす原因となります(サンバーン効果)。日光に対するサンタン、サンバーン効果に関しては、これらのUVAとUVBが相乗的に働いているといわれています。UVCは最も波長の短い光線で、普段は地上25Km付近に存在するオゾン層により吸収されて、地上には届きません。仮にUVCが皮膚にあたった場合、表面までしか届きませんが、UVA、UVBに比べると遙に皮膚癌のリスクを高める危険な光線です。近年ではフロンガスによるオゾン層の減少によりUVCによる皮膚癌発生の危険性が懸念されています。
 紫外線の他にも、可視光線より波長の長い赤外線が皮膚に対して温熱効果をもたらすことが知られています。では、このような太陽光線は皮膚病に対してどのように働き、また皮膚病のある人はどのように太陽とつきあえばいいのでしょうか。

■日光に当たると良くなる病気

 日光に当たると良くなる皮膚病の代表は乾癬とアトピー性皮膚炎です。そのどちらも、背景には紫外線による皮膚の細胞増殖抑制、免疫抑制効果が働いているといわれています。特に乾癬については昔から日光が効果的であることは知られており、カスピ海沿岸では乾癬患者が保養と治療をかねて日光浴をするほどです。ただし、日光浴のしすぎでひどい日焼けを起こしてしまった時にそのあとに乾癬ができてしまう事があります。日光浴が効くからと言ってあまり一度に急激な日焼けをするのは避けましょう。
 アトピー性皮膚炎に日光浴が良いことは特に北欧で言われてきました。ところが、日常診療において、日光はアトピー性皮膚炎には良くないと思っている患者さんがいたりします。教科書などにも日光により増悪する皮膚病にアトピー性皮膚炎が挙げられていたりします。しかし、日光浴で増悪するのは太陽光線に含まれる赤外線による温熱効果によることが多いのです。従って、急激な日焼けは避けて、濡れタオルなどで冷やしながら徐々に日光浴を行うことで赤外線の熱を取り、紫外線の免疫抑制効果により過剰な皮膚のアレルギー反応を抑えることができます。ただし、肌の色が白く、日に焼いても全く色が黒くならない人は日焼けの炎症反応が大きくなってしまうことが多いので、日光浴はあまり行わない方がよいでしょう。ごくまれにアトピー性皮膚炎とは別に、日光過敏症を合併している人もいます。このような人はむしろ日光を避けなければいけません。

■日光にあたると悪くなる皮膚病

 一般に日光に当たることで皮膚炎が誘発される場合、これを光線過敏症と言います。光線過敏症は紫外線が皮膚に吸収され種々の影響を与えると発症します。
 光線過敏症の原因は非常に多岐にわたります。日光に当たるとブツブツができたり、蕁麻疹や湿疹、水疱をつくる人やあたったところがかゆくなる人は注意してください。また、ポルフィリン症、エリテマトーデスといった一部の内科的疾患では、日光過敏を起こすことで知られています。かかりつけの医師によく相談してください。抗生物質、血圧を下げる薬、抗炎症剤、などいくつかの薬の中には人によっては日光過敏症を誘発してしまいます。薬を飲み始めてから、もしくはしばらくしてから日光に当たる部分が赤くなったり痒くなったりしてきたらすぐに医師に連絡してください。もちろんすべての人に出来るわけではないので過剰な心配は無用です。感染症では、口唇に水疱を形成するヘルペス感染症は突然強い紫外線にあたることで、健康な人にも生じる可能性があります。

■海外へ赴任される方へ

 日光にあたることが好ましくない体質、または病気を持っている人は、赴任地の、特に紫外線の状況に注意しましょう。例えば、オーストラリアの一部でオゾン層の減少が報道されたのは記憶に新しいことですが、オゾン層が薄くなることで、紫外線の地表への到達量は増えます。日射の状況から、赤道地域の紫外線量が多いことは想像に難くありませんが、意外に気付かないのが標高の高い地域でやはり紫外線量が多くなることです。一説にはUV量は300m高くなるごとに約5%増になると言われています。
 紫外線の防御に関しては色の付いた衣服を着ることと、サンスクリーン剤を用いることです。白い服は日光を反射すると思われがちですが、紫外線は透過してしまいます。サンスクリーン剤は現在各化粧品会社から様々な種類のものが売り出されています。サンスクリーン剤を用いるときは幾つかの注意しなければならないことがあります。
 まず、当然肌にあったものを用いることです。皮膚炎のある部位は予想以上にかぶれる可能性が高いものです。皮膚炎のある人は皮膚科の専門医に相談して使うことをおすすめします。二つ目は、ある程度こまめに塗らないと効果が得られないことです。汗で流れてしまう状況下では、なおさらです。最後に、サンスクリーン剤によっては、UVBしかカット出来ないものがあります。皮膚病を悪化させる波長域がUVAにあった場合はUVBカットのものを用いても無効です。これは商品を購入する際に必ず確認しておきましょう。
 アトピー性皮膚炎や乾癬の人で、紫外線量の低い地域に行く人は積極的に日光浴を行うことをおすすめします。一方紫外線の非常に強い地域では太陽が真上に来るお昼時は避けて午前中や夕方に行ってください。太陽光線を上手に利用して皮膚病のコントロールを行いましょう。

(c) Copyright :1997 Japan Overseas Medical Fund. All rights reserved.