• ホーム
  • 基金について
  • 海外医療情報
  • お勧めリンク集
  • よくある質問

ホーム > 海外医療情報 > ニュースレター(機関紙)

ニュースレター(機関紙)

小児科医からのアドバイス7 ~ポリオワクチン(続)~
NL12020103
医療情報、小児科、海外渡航 / / / / / / / / / / /




小児科医からのアドバイス7 ~ポリオワクチン(続)~


東京医科大学病院
渡航者医療センター
小児科医師 福島慎二

さて、今月も、ポリオについて話をつづけましょう。

【ポリオは子供の病気?】
ポリオは、主に四肢に非対称性のマヒをおこす重症な病気で、「小児マヒ」とも呼ばれますが、決して子供だけの病気ではありません。有名な方では、アメリカ合衆国第32代大統領フランクリンルーズベルトが39歳の時にかかったというエピソードが残っています。(ただし、ポリオではなく、Guillain-Barre症候群という病気だったという説もありますが・・・。) このように、ポリオは、ポリオウイルスに対する免疫がなければ、大人でもかかる感染症です。
 
【おとなへのポリオワクチン接種】
さて、日本で生まれ育った方は、ポリオワクチンを何回接種していますか? 生ワクチンで2回ですね。1960年代から現在まで、日本では生ワクチンを2回接種する(飲む)スケジュールとなっています。
ところが海外では、生ワクチンであったとしても、3回以上飲んでいます。その理由は、ポリオウイルスには、1型、2型、3型という3つのタイプが存在し、ポリオという病気を予防するためには、各タイプに対して免疫をつけておく必要があるからです。生ワクチンを飲むと、最初に一つのタイプに対して免疫がつきやすく、2回目に別のタイプへの免疫がついていきます。そのため、生ワクチンでも、3回以上接種することが望ましいとされています。
そのため、日本で生まれ育った大人が、ナイジェリアといったアフリカや、パキスタン、アフガニスタンといった南アジアなど、ポリオの流行地域へ渡航する場合には、ポリオワクチンを追加接種することをお勧めしています。
  
【不活化ワクチンで接種するならば、何回?・・・】
今後、日本でも不活化ワクチンが導入されると、成人でも不活化ワクチンで追加接種を希望される方もいらっしゃると思います。そして、皆さんから「生ワクチン2回接種している大人には、あと何回不活化ワクチンを接種したらよいのでしょうか?」という質問をよく受けます。
海外の教科書では、生ワクチンと不活化ワクチンを組み合わせる場合には、計4回接種が望ましいと記載されています。ただし、日本での生ワクチンと今後導入される不活化ワクチンを組み合わせた場合にも計4回でよいのか分かっていません。さらに日本では、昭和50~52年生まれの年代では、ポリオ抗体を保有する人々の割合が他の年代よりも低いことが知られています。そのため、「この年代の方への不活化ワクチンの追加接種回数は、2回で良いのか」という疑問もわいてきます。

【東京医科大学病院渡航者医療センターでは・・・】
そこで、東京医科大学病院渡航者医療センターでは、現在、「成人に対する不活化ポリオワクチンの追加接種」に関する調査を行っています。
20歳以上の方に、不活化ポリオワクチンの追加接種(1か月間隔で2回接種)、血液検査(計3回)を実施して、ポリオ抗体がどれくらい上昇するかを確認する調査です。
もし、ご興味のある方は、当センターまでご連絡いただければ幸いです。


 
○○さて、3月9日にシンガポールにお伺いして、日本人会で健康や病気をテーマにした講演会を開催する予定です。シンガポール在住で、ご興味のある方は、ぜひ参加をお待ちしております。

◇編集部より◇ 2011年1月より、新たに渡航医学に詳しい小児科の先生からご寄稿をいただいております。2010年9月より東京医科大学病院に開設された渡航者医療センターでご活躍中の福島慎二先生が隔月で登場です。子ども帯同の海外渡航者には心強い専門家です。読後の感想、意見、質問および今後取り上げて欲しい話題のリクエストなどを受け付けます。
ニュースレター連絡コーナーhttp://www.jomf.or.jp/ninq/index.htmlからご連絡お願い申し上げます。
●「小児科医からのアドバイス」索引コーナー
http://www.jomf.or.jp/jyouhou/jigyou_iryou2/jigyou_iryou2_4.html#v


著者の所属先サイト:東京医科大学病院渡航者医療センターはこちらから
http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/tokou/index.html


【お知らせ】3月9日にはシンガポール日本人会で福島先生の講演会が開催されます。詳細はシンガポール日本人会のサイトに掲載中です。
http://www.jas.org.sg/event/healthcare/healthcare2012/healthcare.html
(このURLは期日を過ぎるリンク無効になります。)