• ホーム
  • 基金について
  • 海外医療情報
  • お勧めリンク集
  • よくある質問

ホーム > 海外医療情報 > ニュースレター(機関紙)

ニュースレター(機関紙)

渡航医学のABC その5 海外渡航と下痢
NL08120105
医療情報、海外渡航



渡航医学のABC その5 海外渡航と下痢

渡航医学センター 西新橋クリニック 院長
日本渡航医学会 副理事長
元日本航空インターナショナル 主席医師
大越裕文

下痢対策はビジネス成功の基本
海外渡航に伴うトラブルで一番多いのが下痢です。1日数回以上の下痢をした場合、旅行者下痢症とよびますが、その頻度は開発途上国に1か月滞在すると、3割から8割に達します(渡航先によって若干の違いはあります)。当然下痢をしているときは、仕事にも支障をきたすことになりますので、十分な対策が必要です。

若い人と社会的地位の高い人は下痢のリスクが高い
日本から途上国へ渡航する際は、旅行者下痢症のリスクが高いと考えるべきです。特に若い人と社会的が地位の高い人は要注意です。理由は、若い人は衛生状態が良い環境で育ってきたために感染症に対する免疫がなく、予防についてあまり関心がありません。以前、バリ島で生ものを食べた若者からコレラ患者が発生した事件は記憶に新しいところです。次に、社会的地位が高い人は、現地の人と食事をする機会が多く、出された食事を断るわけにはいかないからです。また、生活習慣病を持っている可能性が高いため、下痢をすると既存の病気が悪化する可能性も高くなります。その他、制酸剤内服中や胃を切除した方は、胃の中の酸が減少していますので、食事中の細菌やウイルスが十分に殺菌されないため、下痢がおこりやすくなります。

高熱・血便・大量の下痢は重症のサイン
旅行者下痢症の原因は多岐にわたりますが、毒素原生大腸菌などの細菌感染症がその多くを占め、そのほか寄生虫やウイルス、水やストレスで起こります。症状は下痢のほかに吐き気・嘔吐で、多くの場合は2-3日で改善しますが、重症化する場合もあります。
重症化のサインは、血便、大量の下痢、高熱を伴う下痢です。このような場合は、下痢止めは内服せずに、水分補給に努め、すぐに医療機関を受診してください。

下痢の予防
1.水と食べ物の選択
・ 煮沸した水は安心(10分以上沸かしてから飲む)。
・ 消毒剤を使用する場合は用法用量をまもる。
・ 水道水は飲まずペットボトルのミネラルウォーターを飲む。ガス入りミネラルウォーターはより安全。
・氷入りの飲み物は避ける。(氷は水道水)
・生ものは避け、熱がしっかり通ったものを食べる。
・カットフルーツやサラダは、水道水で洗っているので避ける。
・果物は自分で皮をむいて食べ、野菜は調理されたものを食べる。
・屋台での食事は控える。
・外国人向けの店の方が安全。

2.ワクチン接種
下痢を起こす感染症で、ワクチンがあるのは、経口コレラワクチン、腸チフスワクチン、ロタウイルスワクチンです。これらワクチンはすべて日本では未承認ですので、希望される方はトラベルクリニックにお問い合わせください。

下痢をしたらORS
多くの方は、下痢をしたら、水分を制限する習慣がついています。これは大きな勘違いです。体外に出ていった水分をしっかり補給することが大切です。それでは、どのような水分が適しているかというと、下痢便の中の塩分が意外に高いことから、塩分濃度が高い飲み物が適しています。これに糖分を加えますと腸からの吸収が早くしたのがORS(Oral Rehydration Salt 経口補水塩)です。点滴注射とほぼ同じ効果があるとされ、ORSの開発により子供のコレラによる死亡が減少したといわれています。ORS製剤を日本から持参するか、現地で購入してください。どうしても手に入らない場合は、下記の要領でORSを作ってください。

簡単なORSの作り方(検疫所のホームページより)
塩小さじ1杯
砂糖小さじ4-8杯
水1リッター

スタンバイ自己治療
日本では、あまりなじみがありませんが、欧米の渡航者は、自国で下痢止めと抗菌剤(下痢の原因菌に効果がある)の処方を受け、現地で下痢をした場合、これらの薬剤を使用して自己治療を行います。医療機関へのアクセスが不便な場所では有効な対応策です。一部のトラベルクリニックでとりあつかっていますので、ご相談ください。


編集部より:8月より渡航医学の専門家によるシリーズを開始しました。ご執筆頂く大越裕文先生は航空医学の専門家でもあります。読後の感想、意見、質問および今後取り上げて欲しい話題のリクエストなどを受け付けます。
ニュースレター連絡コーナーhttp://www.jomf.or.jp/ninq/index.htmlからご連絡お願い申し上げます。

著者のサイト:渡航医学センター 西新橋クリニック
http://www.tramedic.com
「渡航医学のABC」索引コーナー
http://www.jomf.or.jp/jyouhou/jigyou_iryou2/jigyou_iryou2_4.html#abc