• ホーム
  • 基金について
  • 海外医療情報
  • お勧めリンク集
  • よくある質問

ホーム > 海外医療情報 > ニュースレター(機関紙)

ニュースレター(機関紙)

健康相談レポート~タイ・バンコクでの育児相談を担当して
NL08060105
育児、小児科

編集部より:当基金では毎年海外医療相談を実施しております。2007年度はクアラルンプール、ジャカルタ、バンコク、デュッセルドルフ、フランクフルト、マニラ(実施順)の6都市で医療専門家による相談を開催いたしました。
バンコクにおいては、小児科、歯科、育児の相談が行われました。今回はバンコクで2度目の育児相談を実施した波川京子先生(札幌医科大学保健医療学部教授)のレポートをご紹介します。
なお、今年度の相談実施予定につきましては決まり次第会員の皆様にご案内の予定です。


タイ・バンコクでの育児相談を担当して

札幌医科大学保健医療学部
教授 波川京子
                           
2007年10月20~22日の3日間、バンコクでの育児相談を担当しました。会場のサミティヴェート病院を訪れた相談者は、事前申込者と当日来所者を含めて50組が来所し、一組あたりの相談時間は20~30分強でした。バンコクでの育児相談は2006年に続いて2年目になりますが、2年間継続来所者は二組で、ほとんどは初めての相談者でした。

来所児の年齢は1歳未満3人、1~2歳未満15人、2~3歳未満10人、3~4歳未満15人、4歳以上は7人でした。バンコクでの在住期間は1年間未満16人、1~2年間未満13人、2~3年間未満15人、3年間以上は6人でした。出生順位は第1子が33人、第2子16人、1人は記載がありませんでした。

0歳から4歳以上の年齢別に分けた相談内容は、子どもの成長・発達に伴って出現する身体面、精神面、生活時間、人間関係などへの対応の仕方、子どもの行動意味の解釈などでした。月齢・年齢の時間と共に変化するものと、バンコク、海外ならではのものがあります。


離乳食の進め方や、発育・年齢に応じた食事量や栄養バランス、野菜を食べないなどの好き嫌い、アレルギー制限食、アレルギー症状の変化への対応などはどの年齢でみられました。乳歯が萌える0~3歳時期には、断乳や点検みがきなど家庭での口腔ケアの相談がありました。
食事量や、発育が遅れていないかを相談される方は、母子手帳の発育曲線上の発育バランスを気にする傾向がありました(表1)。
相談者のほとんどが日本で発行された母子手帳或いは、バンコクの病院で購入した母子手帳を持参し、育児相談で測定した身長・体重の記録、日本の市町村が実施している乳幼児健診に準じた育児指導を期待していました。乳幼児の発育目安の1つであるカウプ指数(体重g÷身長cm÷身長cm×10)が13未満は3人、13以上~15未満(やせぎみ)13人、15以上~19未満(標準)は23人でした(図1)。

海外での育児の特徴と言える言葉の相談からは、日本語の発語の遅れや母国語としての日本語の取得に苦心されている様子がうかがわれました。予防接種については、0~2歳と就学前時期には接種スケジュールや種類等についての相談がありました。日本の定期接種の接種率はBCG(96.5%)、DPT(ジフテリア、百日咳、破傷風 86.7%)、ポリオ(95.6%)、風疹(77.8%)、麻疹(86.7%)、日本脳炎(77.8%)でした。任意接種のおたふくかぜ(55.6%)、水痘(46.7%)、B型肝炎(73.3%)、A型肝炎(40.0%)でした(図2)。
予防接種を受けた年齢は、定期接種は1歳と3歳で受けることが多く、任意接種は2~3歳で受ける傾向がありました。日本で馴染みの少ない狂犬病の予防接種は8.9%、インフルエンザ菌b型(Hib)の接種率は11.1%でした(図3)。

育児相談は相談内容を日本語でじっくり聞き、母子手帳等に記入しながら、食事・運動・生活リズムを振り返ることで、保護者の育児方法を肯定し、修正し、後押しして自信と安心感を持たせる機会を提供していると思います。2007年の育児相談以降、バンコクから受けた育児相談は4件、その内の2件は2006年の育児相談来所者からでした。育児相談の継続の必要性を痛感しています。




表1 年齢による相談内容の変化
年齢相談内容       n=50
0歳
n=3
・食事量 ・離乳食
・アレルギー
・予防接種
・睡眠 ・医療不信
・健診
1歳
n=15
・食事量 ・バランス ・好き嫌い
・アレルギー
・予防接種
・歯みがき ・咀嚼 ・哺乳瓶
・言葉の発達 ・有意語が少ない
・生活リズム ・包茎 ・夜間の咳
・あせも ・便通 ・健診
2歳
n=10
・好き嫌い
・アレルギー ・湿疹
・予防接種
・虫歯 ・断乳
・言葉が出ない
・夜泣き ・大泉門開在 ・斜視 ・やけど
・発熱 ・包茎 ・赤ちゃん返り
・内弁慶 ・歯軋り ・手で食べる ・指しゃぶり
・外遊びが少ない ・医療不信 ・健診
3歳
n=15
・食事量 ・好き嫌い
・アレルギー ・スキンケア ・気管支炎
・歯みがき
・言葉の発達 ・日本語の獲得
・文字が覚えられない
・夜泣き ・風邪を引きやすい ・耳垢除去
・爪の手入れ ・便通 ・靴選び
・落ち着きが無い ・爪噛み ・夜尿
・メイドとのかかわり方 ・友人との遊び方
・歯軋り ・手で食べる ・排尿の回数
・赤ちゃん返り ・指しゃぶり ・健診
4歳以上
n=7
・好き嫌い
・アレルギー
・予防接種
・言葉が遅い
・風邪が治りにくい ・下痢 ・発熱 ・夜間の咳
・メイドとのかかわり方 ・きょうだい関係 
・指しゃぶり ・スキップできない