• ホーム
  • 基金について
  • 海外医療情報
  • お勧めリンク集
  • よくある質問

ホーム > 海外医療情報 > ニュースレター(機関紙)

ニュースレター(機関紙)

子育てのこころ(最終回) 対所行動ということ
NL07100105
小児科、発達

子育てのこころ(最終回) 対所行動ということ


横須賀市療育相談センター開設準備室室長
広瀬 宏之

●自閉症のお子さんと関わって
 発達障害から児童精神科の仕事をするようになって、改めて人間の生き方、特に自閉症のそれについて、思いを馳せることが多くなりました。ご存知のように、自閉症にはまだ根本の治療法がなく、治療と呼ばれる営みは対処療法にしかすぎません。彼らの特徴的な生き方に寄り添った、最大の支援者になってあげるにはどうしたらよいかを考えています。

●克服させるのではなく
 その中で一番心がけているのは、自閉症の特徴的な行動を、「克服すべき、病的な症状」と考えずに、「不安や、耐えられないような葛藤に対する対処行動」として考えてあげることです。一見すると、対立しているかのように見える自閉症と外界との関わりについて、問題点や欠点と見なしてそれを克服させるといった、葛藤解決的なアプローチをするのは得策ではありません。むしろ、彼らの特徴を、生まれ持った資質に沿った、発現しやすい表現型と考えてあげ、その特徴的な行動を活用できるようにしてあげることが、関わりの方法を考える上での大前提だと思っています。

●お守りとして
 時計の大好きな自閉症の子どもがいました。お母さんは、療育の場で、時計にばかりこだわっているのはよくないと教えられ、家から全ての時計を撤去しようとしていました。ところが、その子にとっての時計は、わけの分からない外界の中で、数少ない「わけの分かる」対象なのです。混沌とした“彼の世界”の中に、わずかに認められる光明なのです。それを頼りに安心感を膨らませて、世界の理解をしようとしているのです。時計は、撤去すべき対象でも、克服すべき対象でもありません。むしろ、身につけて、いつでも確認して安心を得る、お守りのような存在でもあるのです。

●我々の対処行動
 およそ、人間の行動はすべて、自分をまもろうとする工夫であったり、何らかのメッセージを伝えるための働きかけであったりします。自閉症の場合は、その表現が上手でなく、定型発達のお子さんに見られる行為と隔たって見えるために、奇異なものとして感じられてしまいます。しかし、これらの常同行動を禁止するとか、不安や心配なことを我慢させて、克服させようという関わりは、彼らの苦しみを倍増させ、余計な葛藤を付け加える以外のなにものでもありません。
 さらに考えると、自閉症に限らず、病気の子供たちへの治療は、我々治療者の対処行動でもあります。何への対処なのかは、それぞれだと思いますが、様々な困難にも関わらずこの仕事を何とか続けているのは、それが生きている意味を確認するために必要な営みだからなのだと思います。発達障害の場合は身体疾患と異なり、我々の対処行動と彼らのそれとが大きく食い違う危険性があります。治療者が独りよがりにならず、彼らに寄り添い、共感してあげられているかどうかを、常に自己点検する必要があります。そこで、初めて治療者と子どもたちの対処行動がかみ合い、真の治療が生まれるのだと考えています。
 このことは、しかし、広く子育て全般に応用できることです。子どもは本来、自分勝手でわがままな存在です。周囲と子どもの食い違いを最小限にして、彼らが自分の持っている資質を十全に発揮し、あるべき自分の姿を実現した「我が・まま」の状態でいられるための、最大の支援者になれるように心がけたいと思います。
 これで、連載を終わります。一年あまりお読みいただいてありがとうございました。





:編集部より:
「子育てのこころ」は昨年8月より連載を開始しました。このシリーズは今回で最終回となりますが、広瀬先生には引き続き電話相談、掲示板相談、海外での相談にご協力をいただきます。次号では本年9月に開催されたジャカルタでの健康相談についてレポートを掲載の予定です。
先生からは読後の感想、意見、質問などをお受けしたいとのご希望です。どうぞwebmaster@jomf.or.jp 宛にメールでお送りください。

●「子育てのこころ」索引コーナー
http://www.jomf.or.jp/jyouhou/jigyou_iryou2/jigyou_iryou2_4.html#q
●「小児医療の現場から」索引コーナー(小児相談担当医によるリレーエッセイ)
http://www.jomf.or.jp/jyouhou/jigyou_iryou2/jigyou_iryou2_4.html#o
●「2006年度 健康相談レポート」索引コーナー(広瀬先生による ジャカルタ発達・子育て相談 報告記 を掲載)
http://www.jomf.or.jp/jyouhou/jigyou_iryou2/jigyou_iryou2_4.html#r