• ホーム
  • 基金について
  • 海外医療情報
  • お勧めリンク集
  • よくある質問

ホーム > 海外医療情報 > ニュースレター(機関紙)

ニュースレター(機関紙)

子育てのこころ(11) 視力と聴力の発達
NL07070105
小児科、発達

子育てのこころ(11) 視力と聴力の発達

国立成育医療センター こころの診療部 発達心理科
広瀬 宏之

 今回と次回は、これまでにお話しした言葉や記憶以外の、感覚認知(五感)の発達のお話をします。
 五感の中で最も早く発達するのが聴覚と触覚です。生後間もない赤ちゃんが大きな物音にびっくりするのはすでに聴覚が機能している証拠です。またおむつが濡れると泣き出すのは、早くおむつを取り替えて欲しいという欲求のあらわれで、触覚が働き始めている証拠です。
 一歳以降になると、味覚、視覚、嗅覚がさらに発達して、周りの環境や対応者にから多くの事象を吸収し、記憶していきます。

●聴覚(聴力)
 大脳の中で音を聞いて判断している部位を聴覚中枢と言います。聴覚中枢は側頭葉の上面にあります。外から見ると、ちょうど耳の上の頭蓋骨の直下から中心に向けた領域です。

図:聴覚中枢





 聴覚中枢に於けるシナプス形成は、胎生25カ月頃から急速に進み、生後3カ月頃に最大レベルに達します。この連載で何度も出てきましたが、シナプスとは神経細胞の連絡網のことです。従って、聴機能の開始時期は胎生25週以降と考えられます。その時期では、音の信号が聴覚中枢に到達しているとしても、その伝達速度は極めて遅く、成人が聞いている音とは全く異なる音と考えられます。聴覚中枢に音刺激が到達し、きちんと処理されるようになるのは生後3カ月以降です。
 従って、それ迄は音への反応は大脳の聴覚中枢レベルではなく、脳の深いところにある脳幹レベルでの原始反射の域を出ません。例えば、大きな音に対してピクッとしたりするなどです。
 3カ月頃からは、聞こえた声を確かめるようなことをしたり、おしゃべりのような声を出したりすることも始まります。母親の声に合わせて自分の声を出して反応することもあります。音の方向に振り向く音源探索行動も始まります
 5カ月になると聞き慣れた声を認知することができるようになり、6カ月になると声をかけると意図的に振り向くようになります。7カ月では話しかける相手の口元をじっと見ることが増え、8カ月では様々な社会音に敏感に反応するようになります。9-10カ月頃になると人の言葉の模倣が始まります。11カ月では音楽にあわせて手をふり、12カ月では視界にない音源の方向がわかるようになります。

●視覚(視力)
 視力に関しては、新生児では0.03、6カ月で0.1、1歳で0.2、2歳で0.4-0.6、3歳で0.6-0.8、5歳で1.0位というデータがあります。眼球構造自体は出生時に完成していますが、脳や神経の発達が未熟なためと考えられています。
 1カ月の赤ちゃんは目の前にある、特に動きのあるおもちゃなどを注視します。2カ月になると、顔の形を識別し人間の顔とそれ以外の物体の形の区別ができます。また、この頃から、奥行きを伴った視覚の発達が始まり、物が立体的に見えてきます。また、目立つ色彩のもの、例えば赤のおもちゃを180°目で追いかけることもできます。4-5カ月になりお母さんと他人の顔の区別ができ、記憶が発達してくると、「人見知り」のが始まります。6カ月では、人間の様々な表情を見分けることができます。
 6-8カ月では、視野が広がり、数メートル離れた物体を目で捕らえるようになり、見る物に関心を持続させるようになります。特に細かい物に興味を示します。9・10カ月では、時計や、電話の音をしばらく聞くようになり、音のする方向を目で見て、情報を獲得することが多くなります。
 1歳頃にはパン屑など、さらに細かい物を見つけます。ものの形の区別もでき始めます。1歳半頃には、さらに物体をしっかり目で捕らえるようになり、床に落ちている小さい物、見慣れない物を拾い上げます。本の絵の簡単な輪郭なども、この頃からよくわかるようになります。形がわかるせいでしょうか、じっと一カ所を見つめていることが良くあります。ちなみに、四角・丸・三角形などの形の区別がつくようになるのは2・3歳頃からです。
 空間の概念の発達ですが、自分の位置を基準に考えるため、始めは口に触れるものから空間理解が始まります。視力がはっきりと確実になる生後半年頃には、体の移動を通して空間を理解し、1歳を過ぎると視覚だけでも身の回りの空間の関係がわかるようになります。上下感覚は2歳半から、左右感覚は4歳前後からと言われています。
 このように、我々大人が普段何気なく行っている認識でも、赤ちゃんはひとつひとつ段階を追って、獲得していくのです。

                  

:編集部より:
「子育てのこころ」は昨年8月より1年の予定で連載を開始しました。広瀬先生は、当基金の会員用相談サービスである小児掲示板相談と電話相談を長年にわたって担当していただいています。
先生からは読後の感想、意見、質問などをお受けしたいとのご希望です。どうぞwebmaster@jomf.or.jp 宛にメールでお送りください。
●「子育てのこころ」索引コーナー
http://www.jomf.or.jp/jyouhou/jigyou_iryou2/jigyou_iryou2_4.html#q
●「小児医療の現場から」索引コーナー(小児相談担当医によるリレーエッセイ)
http://www.jomf.or.jp/jyouhou/jigyou_iryou2/jigyou_iryou2_4.html#o
●「2006年度 健康相談レポート」索引コーナー(広瀬先生による ジャカルタ発達・子育て相談 報告記 を掲載)
http://www.jomf.or.jp/jyouhou/jigyou_iryou2/jigyou_iryou2_4.html#r