• ホーム
  • 基金について
  • 海外医療情報
  • お勧めリンク集
  • よくある質問

ホーム > 海外医療情報 > ニュースレター(機関紙)

ニュースレター(機関紙)

-転勤妻-現在そしてこれから (2)転勤妻を通して
NL04090103
海外赴任

-転勤妻-現在そしてこれから (2)転勤妻を通して


ホームページ「転勤妻」主宰
海外生活アドバイザー
大向貴子

「世界中でみなさんがんばっているのですね。
自分だけではないということがわかりとても気持ちが楽になりました」
転勤妻掲示板にこのような感想を寄せる方が少なくありません。
数万件に及ぶ今までの掲示板への投稿ほとんどすべてを管理上の責任からも私自身が目を通しています。

「なかなか友人ができずに孤独です」「狭い日本人社会に行き詰まりを感じています」
このような悩みへのレス返信には国境はないようです。
赴任国が違っていても転勤妻として感じる不安や悩みに大きな違いはありません。
どこにいても多かれ少なかれみんな似たようなことを思っているのです。
今思えばこれこそ私が赴任当初に知りたかったことでした。
慣れない海外生活で、時として追い詰められた状況の中では「自分だけがこのような思いをしているのか」と思いがちになります。

「赴任国が違っていたらこのような思いはしなくても済んだのではないか」
「帯同したのは間違っていたのではないか」
自分自身のアイデンティティーを見失い、存在価値までも悩む人が大勢います。
そのときに「世界中で同じような思いをしている転勤妻がいる」ということがわかっただけでも前向きになれるひとつのきっかけに成り得るのではないでしょうか。

叱咤激励ではなく同じ境遇の方が共感してくれるだけで救われることもあるのです。
夫の辞令に戸惑い不安を訴えていたひとりの転勤妻が先輩転勤妻たちからのアドバイスを受けて赴任地でたくましく生活を築き上げている。
いつしかその方が先輩となりこれから赴く方へ的確なアドバイスをされているのを見ていると転勤というバトンが確実に渡り続けているのを実感します。

この5年で出発前から掲示板に投稿され、現地での生活を伝え、そして赴任任期を全うされ今では帰国転勤妻としてアドバイスを寄せてくださる方が何名もいらっしゃいます。
一人の方の転勤の歴史が掲示板に現れているようで私自身も感動することがあります。
また現地生活のための質問内容も多岐にわたり情報交換なども活発に行われています。
実際に先に住んでいらっしゃる転勤妻が生の情報として、質問に対するレス返信をつけて教えてあげていることに多くの方が励まされ助けられているようです。
「この掲示板が心の拠り所となっています」というコメントをいただくことが運営者として大きな励みとなっています。

一時期休止していた時期もありましたが、「転勤妻」を立ち上げてから今年で5年になります。
何もわからないままホームページを立ち上げた当初はほとんどアクセスがなかったのが、ここまで多くの方々に見てもらえるようになったことには深い感慨を覚えます。

どうすれば認知度が高まるか試行錯誤の連続でしたが、転機のひとつとなったのが思いがけずに検索サイト「Yahoo」のオススメサイトに選ばれたことでした。
その後少しずつですが雑誌や新聞などで取り上げていただく機会が増え、それとともにアクセスも増えて参りました。
2002年の年末に会員登録制度を導入してから、現在までに会員数は世界54カ国にわたり約2000人に達しようとしています。
サイトの閲覧は会員登録をしなくてもできるため、年間アクセス数は150万件に及びます。

いまのところ会員登録者の国別でみると圧倒的に北米が多いのですが、最近の傾向としては中国が急増しています。
経済発展の著しい中国の一面を垣間見るようです。
投稿数としてはまだまだ北米の数には及びませんが、今後中国からの投稿が増えていくのではと予想しています。
中近東諸国・南米ボリビアやサモア諸島などからも登録があり、日本人がいかに世界中に進出しているかが伺えます。
統計からみると国別アクセスは日本からが一番多く、次に北米、ヨーロッパ、アジア諸国と続いています。

会員制を導入したことによりセキュリティ面での強化をはかり、管理体制も万全に整えることを常に課題としています。
ホームページの知識など皆無だった私がこうして今日まで運営することができたのは多くの方に支えられてきたからにほかなりません。
この「転勤妻」は私にたくさんの出会いをもたらし、何よりも私自身の視野や世界を広げてくれました。
まだまだ勉強不足の身で内容も改善の余地がたくさんありますが、日々サイトを通じて学ばせてもらっていることに心から感謝しています。(続く)


(編集部より)
「転勤妻」ホームページは、「海外赴任・帰国手続」の情報提供の他に海外におられる(行かれる)奥様方のための「掲示板」も設けられており、 海外生活上の情報交換、悩み事などを共有できる自由なコミュニケーションの場として、女性の強い味方となっている人気サイトです。
このサイトを主宰している大向貴子さんに、「転勤妻」をテーマに、海外生活における女性の立場、悩み事等について、ご自身の経験も踏まえて3回のシリーズで書いてもらうことにしました。今回はその2回目です。
「転勤妻」ホームページ:http://www.tentsuma.com