• ホーム
  • 基金について
  • 海外医療情報
  • お勧めリンク集
  • よくある質問

ホーム > 海外医療情報 > ニュースレター(機関紙)

ニュースレター(機関紙)

バンコック3歳児健康相談実施報告
NL02080106
健康相談

実施日と場所:6月23日(日)
於)バムルンラート病院内
6月24日(月)
於)日本人会スクンビット別館内
担当医師:東京慈恵会医科大学青戸病院
小児科医長 所 敏治 医師
 所 医師は(財)海外邦人医療基金の運営委員でもあられる。
支援サポート:日本大使館医務官
高橋 篤 医師
目   的:日本大使館医務官並びにバンコック日本人会すくすく会OZの会要請による、「3歳児発達健診と健康相談」
受 診 者:総計81名


総 評
 バンコックは、海外の邦人在留都市の中でも、日本の医科大学卒業の日本語を話す医師が多く、有力病院も日本人用特別外来受付や健診センターも完備している、恵まれた都市である。しかし、幼児の発達(言語発達を含む)については、タイ人医師では十分に判断が出来ず、幼児を抱えた母親が多いバンコック日本人会からの「発達健診」の要望が強く寄せられた。下記に述べるデータ表に記載されたように、「医療」以前の、「母親の子育ての悩み」に、日本人の医師が日本語で十分に対処することが今回の健康相談の主目的であった。2日間では、受診希望者全員には対応できぬため、当初から80名と数の枠を設けて事前の受付を行った。一人当りの相談時間を10~15分で計算して置いたが、やはり母親の種々の悩みに丁寧に対処した為、医師は昼食を取る時間も無い程の盛況となった。

実施方法
 受診者一人に対し10~15分の診療時間割振りで対応。事前に配布の幼児健康相談専用問診票に所定事項を事前記載させ、又遠城寺式発達チャートも事前記載させ、当日持参。
 会場で(自宅採尿させた)尿検査を実施、以上を基に医師の問診を行った。短時間内での診療のため、両親への説明が不十分にならないように、一部の家族の方々へは持参のパンフレットを配布して説明の一助とした。特に子供のアレルギー、自閉、言語発達遅延の心配のある親には、病状を正確に理解してもらうよう、今後も別資料や説明書が必要である。

診断及び相談内容
統計データ表参照
 受診者81名の主訴蜷f断名をピックアップすると、約100項目の相談があった。
 受診者数に比較し相談項目が多く、各人が多くの問題を抱え外国で生活していることが分った。
 アトピー性皮膚炎(10件)体重増加不良(6件)等の訴えは、日本での健康相談でもよく聞かれる心配事である。一方、言葉の遅れ(5件)自閉的傾向(3件)心因的問題(9件)を抱えた子供が多いのには驚かされた。
 又、耳鼻科疾患(2件)整形外科疾患(9件)と外科的問題を抱えた子供の相談も多かった。特に深刻な訴えとしては、起立性調節障害症(1件)自閉症(1件)停留睾丸(1件)があり、即時の適切な対応が必要であった。全般的に両親の訴えは、思っていたより深刻であり、特に「言葉の問題蛻纓リk?決痰竅v等の理由で、各子供の問題事蜷S配事をより重く受けとめている傾向が見受けられた。幼児に関しては、家庭での現地人ヘルパーの存在が子供の精神的発達に大きな影響を与えている可能性があると思われた。
 特に、心理的、精神的問題を抱えた子供のカウンセリングには、日本語での継続的仲介が必須であり、海外での治療に限界を感じる。子供の精神面での健康管理上、言葉のハンデイーは、今後の大きな問題点の一つとなると思われる。今回の発達健診を踏まえ、現地日本人会では、10月頃第二段としての、日本からの心理専門医師による健康相談が予定されているとの事、その成果に期待を寄せている。

バンコック幼児健診結果
主訴(問診票記載項目)と医師の診断
受診者数81名 2002年6月23日 41名
 6月24日 40名
 計 81名

受診者の自己申告(問診表記載)
主訴延べ数  主訴延べ数
1言語不理解134身体発達遅い1
2言葉が出ない135低身長1
3「なぜ」「いつ」を使えない136体重増加が遅い6
4発語遅れ737身長の伸びが停止1
5日本語言語能力レベルのチェック138便通が2~3日おき1
6指差ししない139排便難2
7泣いて暴れる140偏平足1
8癇癪泣き喚き141足痛1
9神経質242O脚1
10指しゃぶりが治らない243X脚2
11原因不明腹痛144股関節2
12お漏らしおねしょ145脊椎側湾症1
13絵を上手に描けない146骨の異常があるか1
14友達と遊ばない247肋骨の一部が出ている1
15目が見えないと云う148耳(聞き直しが多い)1
16歯が痛いと云う149耳垢が溜まりやすい1
17常時不眠気味150中耳炎になりやすい3
18オムツが取れない151歯石が溜まりやすい1
19ダウン症ではないか152歯の茶色のしみ1
20起立性調節障害153虫歯が多い1
21父親のチック症は遺伝するか154先天性弱視1
22吐く155斜視か1
23偏食156テレビを見るとき目を細める1
24声がかすれる157副鼻腔炎1
25肥満158腹腔ガス1
26食品アレルギー(卵白蜻蜩艨j159首のしこり1
27薬剤アレルギー260上腕しこり1
28アトピー性皮膚炎1061ひじの脱臼頻繁1
29水いぼトビヒになりやすい162尿道口が小さい1
30湿疹が出来やすい163髄膜炎後遺症か1
31喘息気味364分娩麻痺1
32父親の喘息は遺伝するか165川崎病1
33気管支炎266心室中隔欠損症1
 合計延べ件数98

医師の診断結果
(確定済みを除く)
左表とは対応していない
1自閉症(軽を含む)3
2発達少しおくれ1
3言語発達遅延1
4軽ヒステリー1
5軽度筋緊張低下1
6心因性腹痛1
7ダウン症候群の疑い1
8停留睾丸1
9尖足位1
10軽度内反足1
11上気道炎1
合計延べ件数13