• ホーム
  • 基金について
  • 海外医療情報
  • お勧めリンク集
  • よくある質問

ホーム > 海外医療情報 > ニュースレター(機関紙)

ニュースレター(機関紙)

話題の感染症2
NL01070102
感染症 /ピロリ菌

(財)海外邦人医療基金(顧問)
長崎大学熱帯医学研究所(非常勤講師)
大利 昌久

ピロリ菌の発見①

 「ピロリ菌」たらイヤだね。なんで、こんな菌がいるんでしょう。今回は、胃潰瘍や胃癌の原因と言われるピロリ菌の話題をお届けします。
 胃液の酸度はpH1~2と強酸性なので、胃液の中で生息出来る細菌はいないと、長いこと信じられていたのです。しかし、その神話が崩れたのが、1982年のことです。オーストラリアのロイヤル・パース病院の病理学者ワーレンと内科医マーシャルが、初めて胃液の中からラセン状の菌を分離培養することに成功。
 このピロリ菌が発見される前にも、胃の中の細菌に関する研究が全くなかった訳ではありません。初めてだと思われるのは、100年以上も前、1892年に犬の胃内からラセン状の細菌の存在が報告されています。そして、人の胃癌の胃粘膜からもラセン状の菌が発見。これが恐らくピロリ菌発見の第一号だと考えられます。1906年のことでした。
 しかし、皮肉なことに、1954年パルマーが1140例以上の胃癌粘膜吸引生検をおこない、胃内にラセン状の菌は全くみられなかったと報告。パルマーが、当時の消化器病の権威者だったことから、この報告以来、このラセン状の菌の存在は忘れられていたのです。
 再び、胃内のラセン状の菌が注目されたのは、1975年のことです。「ラセン状菌と胃炎」の関連が指摘されはじめましたが、細菌培養の技術が不充分だったため、分離培養することが出来なかったようです。1981年ワーレンとマーシャルは、カンピロバクターに用いる新しいスキローウ培地を用いましたが、不成功。しかし、1982年4月14日、たまたま連休のため恒温室に5日間放置していた培地に、ラセン菌のコロニーが生えているのを見つけたのです。まさに、20世紀末、ノーベル賞級の大発見となりました。当初、カンピロバクター属の菌に分類されたのですが、1989年に別種のヘリコバクターピロリ(ピロリ菌)と命名。ここに新種の細菌が登場したのです。
 ピロリ菌は全世界に分布していますが、ピロリ菌の感染率は、先進国で低く、開発途上国では高率になってます。日本では、20歳代が25%、40歳代では75~80%が感染していて、開発途上国並の高さです。今まで分かっている資料では、アルジェリア、ベトナム、タイ、パプアニューギニア、ペルーでは、20歳代で感染率は60%におよぶそうです。
 さて、感染経路ですが、「旅行者下痢症」と同じく経口感染が主です。胃内で増殖した菌が、腸管を通過し、糞便と共に排泄されます。これに汚染された飲食物を介して感染する訳です。また、歯垢や唾液からもピロリ菌が証明されるので、人から人(キス感染)でも感染が予想されます。このピロリ菌の感染によって、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃癌が引き起こされることが分かっています。
(次回は、ピロリ菌感染症について)