• ホーム
  • 基金について
  • 海外医療情報
  • お勧めリンク集
  • よくある質問

Q2

海外で病気やケガをした時に日本の健康保険は適用出来ますか?
 
出来ます。
国民健康保険を含む全ての健康保険で、海外渡航中の病気やケガの際の治療も、申請に必要な書類を各健康保険の担当窓口(社会保険の場合は各事業主が代行、国民保険の場合は各区市町村の社会保険事務所)に提出すれば、保険給付が受けられるようになりました。支給される療養の範囲は、日本において保険診療と認められているものに限られ、日本の診療機関にかかった場合の保険診療を標準として計算されます。

申請に必要なもの
(1) 療養費支給申請書(窓口で入手)
(2) 領収明細書(現地で入手)
(3) 診療内容明細書(現地で入手)。外国語で書かれている場合は和訳文も。
 
※注 意
申請の際に健康保険証を提示する必要はありませんが、被保険者番号などを転記する必要があるのでコピーなどを持参したほうがよいでしょう。また、給付金を振り込む銀行・信用金庫などの口座番号も記入する必要があるのでメモをとっていくとよいでしょう。
しかし、現地での立替サービスはないため、一旦現地で全額を支払わなければなりません。また、日本の健康保険の支払い基準が適用されるため、保険外の診療や保険点数以上にかかった医療費については自己負担になります。さらに、申請に必要な証明書類には和訳が必要であるなど手間がかかるうえ、給付金環付にも時間がかかります。従って海外へお出かけの際には、傷害・疾病の補償だけでなく、賠償責任や携行品、救援者費用など幅広い補償をしてくれる海外旅行傷害保険に加入されることを強くお勧めします。