• ホーム
  • 基金について
  • 海外医療情報
  • お勧めリンク集
  • よくある質問

ホーム > 海外医療情報 > ニュースレター(機関紙)

海外医療相談 (会員用メニュー)

会員ID(半角英数字)

パスワード(半角英数字)

会員用メニュー(海外医療相談)
の内容についてはこちら>

ニュースレター(機関紙)

JOMF派遣医師便り
NL10040101
シンガポール、フィリピン、インドネシア、医療事情

◆シンガポール

シンガポール日本人会クリニック
日暮 浩実

◇子宮頸がん予防ワクチン

昨年、10月、日本でも子宮頸がん予防ワクチンが認可され、12月から接種できるようになりました。このワクチンは2007年5月にオーストラリアで世界で初めて認可され、日本は世界で99番目に認可した国となりました。日本もシンガポールも任意接種で費用は自己負担ですが、公費助成している国は世界で30カ国ほどあります。

“子宮頸がん”て多いの?
子宮頸がんには世界で毎年約50万人が罹患し、27万人が死亡しています。これは女性特有の癌の中で乳がんについで2番目に多いものです。日本でも、年に約1万5000人が発症し、約3500人が死亡しています。日本ではこの20年間で、発症率は倍になり、特に20歳代30歳代の発症が増え、この年代では全ての癌の中で最も多いものになっています。

原因は?
この癌の原因にはヒトパピローマウイルス(HPV)が深く関与しています。これには120以上の型があり、このうち、子宮頸がんの発生と関係が深いことがわかっているものは16種類ほどあります。その中で、世界的には16型と18型で子宮頸がんの原因の約70%を占めています。日本ではやや低く、50-60%程度となっています。

発がんと関係するHPVには全ての女性の80%が一生のうちに一度は感染すると言われています。

一般にHPV感染から初期の病変(CIN1)を生じるまで数週間がかかります。そして感染しても、多くは1年以内に治癒し、実際に癌にまで進展する率は感染者の0.15%程度と推測されています。

このワクチンをすれば、もう感染しないの?検診もいらないの?
そうなれば理想的ですが、残念ながらそうはいきません。今回のワクチンはHPVのうち16型、18型に感染しないようにするための予防ワクチンです。また、16, 18型以外の型へも部分的な効果があると報告はされていますが、もちろん完全ではないので、たとえ、この予防接種を受けたとしても検診は大変、重要です。20歳以上の方は定期的に検診を受けるようにしましょう。ちなみに、欧米での検診受診率は70%程度ですが、日本では20%ほどしかありません。

治療にも使えるの?
これは予防ワクチンですので、治療的な効果は全くありません。

接種対象は?
このウイルスは性交渉によって感染していくことがわかっていますので、性交経験前に打つことが最も効果的ですが、性交経験者でも一定の効果が期待できます。日本での接種対象年齢は10歳以上の女性です。シンガポールの対象は9歳から25歳までの女性ですが、当院では基本的に日本の基準に従って接種することにいたしました。

接種回数は?
ワクチンの接種回数は6カ月の間に3回です。初回の後、1カ月後と6カ月後になります。1~2回の接種では抗体が十分にできないため、3回の接種が必要となっています。また、既に妊娠中の方は接種ができません。接種を開始後、妊娠された場合には、その後の接種は見合わせることとなっています。また、授乳中の方の接種は今のところ、データがありませんので、必要性が高い方のみの接種となっています。

いつまで効力がもつの?
有効期限に関しましては、接種が開始されてからの日が浅いのでまだよくわかっていませんが、今のところは5-7年以上はもつことがデータとして出ています。そして、さらに長くもつことが予想されています。

副作用は?
このワクチンにはウイルスの遺伝子は入っていませんので、このワクチンを打ったことが原因でHPVに感染することはありません。
副作用としては以下のようなものが報告されています。

10%以上吐き気、嘔吐、下痢、腹痛など消化器症状、かゆみ、筋肉痛、関節痛、頭痛、接種部位の痛み、発赤、腫脹
1-10% 発疹、蕁麻疹、硬結、めまい、上気道感染、発熱
0.1-1%知覚異常
頻度不明失神、血管迷走神経反射、ショック、アナフィラキシー症状


他のワクチンと同日に打てますか?
不活化ワクチン例えばDTP、IPV(不活化ポリオ)、AB混合肝炎ワクチン、A型肝炎ワクチン、B型肝炎ワクチンなどとの同日の接種が可能です。

費用は?
日本では3回で4-6万円ほどかかるようですが、シンガポールでは、これに比べかなり安く済みます。
シンガポール日本人会クリニックでは5月3日から6月30日まで、子宮頸がんワクチンキャンペーン、同時に肝炎ワクチンキャンペーンを行います。この2つのワクチンは同日の接種が可能です。普段よりお値段もお安くなっていますので、どうぞこの機会をご利用ください!



◆マニラ

マニラ日本人会診療所
菊地 宏久

◇自己紹介

はじめまして。4月から(財)海外邦人医療基金(JOMF)より「マニラ日本人会診療所」に派遣されました菊地と申します。小栗千枝医師の後任です。
どうぞよろしくお願いいたします。

これまで内科、循環器科を中心に研修後、救急医療や災害医療などの研鑽にも努めてまいりました。
2004年から3年間はインドネシア・ジャカルタ日本人医療相談室にJOMFから派遣され診療のお手伝いをさせていただきました。
フィリピンは二十数年前に青年海外協力隊で活動した懐かしい地で、私自身の第二の故郷のような国です。時代とともに環境が大きく変化していることを感じていますので、新たな気持ちで精進いたします。
皆様の健康維持にお役にたてればこの上ない幸せです。

どうぞよろしくお願いいたします。



◆ジャカルタ

ジャカルタ・ジャパンクラブ医療相談室
原 稔  

◇異文化交流

研修医のころ、胃管(手術中などに鼻から胃にとおす管)のことを「マーゲン・チューブ」略して「マーチュー」などと呼んでいました。上司から、「マーゲンはドイツ語でチューブは英語だからそれは変だろう。横文字で言うならば、ギャストリック・チューブまたはマーゲン・ゾンデだろう。」と指摘されたのを覚えています。

たしかにそのとおりです。しかし、現場のICUや手術室、病棟の下っ端医師、看護師の間で「マーチュー」が標準語(ローカルの)として氾濫・通用していました。「マーゲン・ゾンデ出して」と看護婦さんにお願いすると、彼女は2秒くらい考えて、「ああ、あれね」といった感じでモノが出てきたのではないかと思います。「ギャストリック・チューブ」とオーダーすると考える時間が5秒、或いは全く別のものが出てきたかもしれません。

当然、時間と空間を共有するうちに「マーチュー」と言おうが「ギャストリック・チューブ」と頼もうが瞬時に意思疎通できるようになります。さすがに「マーゾン」と言う人は無かったと思いますが・・・

それから15年余りが過ぎました。今は日本語、英語、インドネシア語と医療用語がちゃんぽんになって、めちゃくちゃな会話になっています。
例えば、インドネシア語のフォームの書類への記入を事務から依頼されることがあります。英語で病名等を記入し、
原「イニ、バハサインドネシアだけど、バット…ジスイングリッシュ OK?」
事務「ダイジョブ。ワカリマス。」
原「リアリー?」
事務「Yes」
原「テレマカシ」(ありがとう)
事務「モンダイナイ」  
…なんて感じです。

ここのインドネシア人看護師は英語も日本語も話しますが、私の会話力不足のため、意思疎通に時間をとることがあります。インドネシア語が堪能な患者さんが通訳して下さることも。日本で患者さんの方言が解らず、ベテランナースに通訳してもらったことは何度もありますが、患者さんに通訳してもらうのは初めてです。

日本での診療と違い、阿吽の呼吸というのはなかなか難しいようです。多少時間は掛かるかも知れませんが、安全第一を心掛けています。

(以上)