• ホーム
  • 基金について
  • 海外医療情報
  • お勧めリンク集
  • よくある質問

ホーム > 基金について > 基金の歩み

海外医療相談 (会員用メニュー)

会員ID(半角英数字)

パスワード(半角英数字)

会員用メニュー(海外医療相談)
の内容についてはこちら>

基金の歩み

歩み

昭和59年度(1984年度)(創立)
  • 厚生大臣の私的諮問機関「国際協力懇談会」、「在外邦人医療対策検討部会」及び(社)日本在外企業協会を中心に長年に亙る専門的検討の結果、外務、厚生、労働3省共管の公益法人として(財)海外邦人医療基金が設立された(永田敬生会長)。また、同年から労働福祉事業団の委託を受け、海外巡回健康相談事業を展開、3チームの医師団を派遣。(以降、毎年派遣の継続事業となる)
昭和60年度(1985年度)
  • シンガポールに日本人会診療所を設立(第1号援助拠点)。
昭和61年度(1986年度)
  • ブラジルマナウス市にマナウス日伯診療所を設立(第2号援助拠点)。
  • フィリピンにマニラ日本人会診療所を設立(第3号援助拠点)。
昭和63年度(1988年度)
  • 北里大学の協力を得て、中東湾岸諸国の広域医療サービスの調査を実施。
平成元年度(1989年度)
  • 伊藤昌壽会長就任。
  • ナイジェリアのラゴス日本人会に救急車・医療機材を供与(第4号援助拠点)。
平成2年度(1990年度)
  • クウェイト日本人会診療室の開設と、邦人医師の派遣(第5号援助拠点)、同年8月の湾岸戦争のため同診療室は閉鎖。
  • ジャカルタ日本人医療相談室の開設と、邦人医師の派遣(第6号援助拠点)。
  • 第1回中国医療事情調査の実施。
  • 海外巡回健康相談が10チーム規模となり46都市巡回。
平成3年度(1991年度)
  • 「海外在留邦人、在日外国人等の精神保健に関する提言」を異文化メンタルヘルス研究会と共同で作成、配布。
  • 「海外在留邦人の母子保健に対する需要実態に関する研究」を厚生省の同問題研究班のメンバーとして実施、報告書の作成、配布。
  • 海外巡回健康相談12チームに増加、56都市を巡回。
平成4年度(1992年度)
  • ドバイ及びU.A.E北部日本人会診療室の開設と、邦人医師の派遣(第7号援助拠点)。
  • 第2回中国医療事情調査の実施。
  • 東欧5カ国医療事情調査の実施と報告書(外務省委嘱研究)。
平成5年度(1993年度)
  • 海外医療従事者の日本研修事業開始。(以後、毎年実施)
  • ベトナム医療事情調査の実施。
  • 「海外勤務者メンタルヘルスケア」を企業などのカウンセラー向けとして発行・配布。
  • ドバイ及びU.A.E北部日本人会診療室休止。
平成6年度(1994年度)(基金創立10周年)
  • ニュースレターの発行開始、最新の医療情報・トピックスを中心に迅速に伝えるために月1回のペースで発行。
  • 第3回中国医療事情調査の実施。中国沿岸部の南部および北部に医師を含めた調査団2チームを派遣。
  • 会員数202社に増加。
平成7年度(1995年度)
  • 小児医療国際電話相談-JOMFキッズネット-開始。(南西アジア地域5カ国)
  • 第4回中国医療事情調査の実施。内陸部に医師を含めた調査団を派遣。
  • 機関誌「海外医療」に特集記事掲載開始(予防接種、感染症対策)発行。
  • ベトナム、ミャンマー医療事情調査実施。
  • 海外巡回健康相談が14チーム規模となり66都市巡回。
平成8年度(1996年度)
  • 機関誌「海外医療」(メンタルヘルス、寄生虫、感染症)発行
  • インド医療事情調査
  • 医療事情報告書(インドシナ、インドネシア、マレー半島、インド)。
  • 小児医療国際電話相談"キッズネット"をベトナム及び中国へ拡大。
  • 北京協和医院の「日本人健診センター」へ協力(第8号援助拠点)。
平成9年度(1997年度)
  • 歌田勝弘会長就任。
  • 大連市中心医院日本人医療相談室(中心クリニック)の開設と邦人医師の派遣(第9号援助拠点)。
  • ホームページ開設。
  • 「日本語で受診できる医療機関ー米国、カナダ地域」改訂。
  • 海外医療相談14チーム73都市へ派遣。
  • ベトナム医療事情調査実施。
  • 上海・南通・杭州医療事情調査実施。
  • 機関誌「海外医療」(成人病、救急措置)発行
  • マナウス日伯診療所閉鎖
  • シンガポール診療所新装診療再開。
平成10年度(1998年度)
  • シンガポール及びマニラ診療所の診療実績が各1万人を超える。
  • 広州、東莞、珠海、福州医療事情調査。
  • 機関誌「海外医療」(水、薬)発行
平成11年度(1999年度)
  • フィリピン医療事情調査の実施
  • 機関誌「海外医療」(子供の健康、皮膚)特集号発行
  • 派遣医師と会員企業との医療情報交換会開催(向後毎年開催)
  • 「日本人が利用している医療機関-ヨーロッパ地域」改訂
平成12年度(2000年度)
  • 台湾医療事情調査の実施
  • 機関誌「海外医療」(肥満、有害動物)発行
  • マニラ日本人会診療所スペース拡張
  • 大連日本人医療相談室新装
  • 「日本人が利用している医療機関-アジア地域」改訂
平成13年度(2001年度)
  • 瀬谷博道会長(旭硝子)就任
  • ジャカルタ日本人医療相談室はジャカルタ・ジャパンクラブ医療相談室に改称
  • 韓国医療事情調査の実施
  • 機関誌「海外医療」(女性の健康・医療情報収集)
  • 「日本人が利用している医療機関-米国・カナダ地域」改訂
  • CDC(Health Information for International Travel)の日本語版発行
  • ジャカルタで幼児健診を実施開始
  • ホームページを刷新、メンタルヘルス相談サービスを開始
平成14年度(2002年度)
  • ニュースレター目次の電子メール配信開始
  • ホームページ上の掲示板に「海外医療相談(成人一般、婦人科)」開設
  • 上海医療事情調査の実施
  • 機関紙「海外医療」(STD対策)
平成15年度(2003年度)
  • ベトナム・ラオス・カンボジア医療事情調査の実施
  • 中国(広州・上海・北京)医療事情調査の実施
  • 機関紙「海外医療」(設立20年を迎えて)
平成16年度(2004年度)
  • フランス・ハンガリー・ポーランド・ロシア医療事情調査の実施
  • 外務省より巡回医師団派遣業務を受託開始
  • 専門科目医師による医療相談を本格実施
平成17年度(2005年度)
  • 少徳敬雄会長(松下電器産業)就任
  • 冊子「海外赴任と予防接種」発行
  • 中国(蘇州・無錫・南通・青島・上海)医療事情調査の実施
平成18年度(2006年度)
  • 冊子「海外赴任と感染症」発行
  • 中国(広州・中山・珠海・深セン・東カン)医療事情調査の実施
平成19年度(2007年度)
  • 「海外勤務者家族の医療問題」をテーマに海外医療情報交換会実施
平成20年度(2008年度)
  • 独立行政法人労働者健康福祉機構からの受託巡回健康相談終了
  • 「新型インフルエンザ」をテーマに海外医療情報交換会実施
  • ベトナム及び中国(瀋陽・大連・北京・天津)医療事情調査実施
平成21年度(2009年度)
  • 秋草直之会長(富士通)就任
  • 昨年に引き続き「新型インフルエンザ」をテーマに海外医療情報交換会実施
  • 海外赴任者支援対策セミナー開始。「海外赴任者とご家族を送り出す皆様へのメッセージ」をテーマに第1回を開催
平成22年度(2010年度)
  • メンタルヘルスをテーマに海外医療情報交換会実施
  • セミナー活動を関西にも展開、「予防接種」「メンタルヘルス」をテーマに東京、大阪で4回開催
  • ジャカルタにて海外勤務者のメンタルヘルスに関するアンケート調査実施
  • 大連日本人医療相談室は所期の目標を達成した為閉鎖
平成23年度(2011年度)
  • 「生活習慣病を患う人のリスクマネジメント」をテーマに海外医療情報交換会開催
  • 感染症、医療費、メンタルヘルスコーチングなどをテーマに6回のセミナー開催
  • マニラ、シンガポール、ジャカルタの3都市にてメンタルヘルスアンケート調査実施
  • 専門科目医師による医療相談者が1,000名(8カ国13都市)を超えた
平成24年度(2012年度)
  • ジャカルタジャパンクラブ医療相談室の入居先変更(共愛メディカルサービス)
  • 拠点医師報告に「タイ、ベトナムの医療事情」紹介を加え、海外医療情報交換会実施
  • 感染症、メンタルヘルスなどをテーマにシンガポール日本人会など外部団体との共催を含めて8回のセミナー開催
  • 中国5都市(北京、青島、上海、蘇州、広州)でのメンタルヘルスアンケート調査実施
  • 専門科目医師による医療相談者を5ヶ国9都市で実施し、1,100名を超える相談を受けた